2007年06月27日

恐竜の化石 〜恐竜博2005〜

僕は恐竜が好きだ。
今年はポートメッセなごやで『恐竜大陸』が開催されるため、
今からとても楽しみ。

そこで、2005年に愛知万博のささしまサテライト会場で開催されていた
『恐竜博2005』の写真を紹介します。

rugops.jpg
こちらはルゴプスという大型肉食恐竜の化石とその生体復元モデルだ。
ここまで復元出来ると、本物を見た人がいるんじゃないかというくらいすごい。

allosaurus.jpg
こちらも大型肉食恐竜『アロサウルス』の頭骨化石。
時代はジュラ紀後期とされ、体長は7.1mにもなる。

tyrannnosaurus.jpg
この恐竜博の目玉だったティラノサウルスの『スー』
発見者のスーザンさんにちなんで名づけられた。
今までのティラノサウルスの中で見つかった化石のうち、
最も大きく、完全に近い状態で発見されたという。

現在、復元の技術は注目で、恐竜の皮膚の色を解析しようと研究が進められています。
遥か古代に本当にこんなに巨大な生物がいたのかと思うとわくわくする。
それをまた恐竜大陸でも感じるかと思うと楽しみです。



Amazonで恐竜の本を探す
posted by よっし at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 思い出の写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。